FC2ブログ
年間を通して木球情報を掲載いたしますので 興味のある方は、ちょっとのぞいて見て。
プロフィール

木球人

Author:木球人
さあ、今年も木球で!!
 いや、パークも少し

アクセスカウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
  去る4月20日、平成25年福島県木球協会及び日本木球連盟の総会が福島大学大会議室で開催された。
 会議内容について、詳しくは『木球福島』のブログに掲載してあります。是非チェック願います。

<ダイジェスト版>
 ※福島県木球協会 会長   武石 功氏(新任)
      同    事務局長  三浦喬子氏(新任)

 ※日本木球連盟   会長  新谷 崇一氏(再任)
      同     事務局長   菅野 孝志氏(新任)

   ※理事その他については、記載省略させていただきます。

     以上の通り報告申し上げます。
           福島県木球協会理事長 新谷崇一


<木球人の独り言>

特に今回の総会では、阿部稔也前会長の勇退に伴い、役員人事の面で新人の登用がうかがわれました。阿部前会長にはもう一踏ん張りをしていただきたかったのですが、後進に道を譲られた感がありました。長い間ご苦労様でした。心より感謝と御礼を申し上げます。
 また、日本木球連盟も組織を強化して、今後のますますの充実・発展にご期待申し上げます。:木球人:
スポンサーサイト
2013/04/21 10:39 2013日本木球連盟 TB(0) CM(4)
 去る4月14日、平成25年清水木球クラブ総会(第10回)が『泉共同会館』で開催され、下記のとおり決定したので報告いたします。

議題
 平成24年度事業成果報告、収支決算、平成25年度事業計画、その他会則の一部変更、いずれも原案通り承認・可決。
                  清水木球クラブ 事務局長 本田 静

 役員改選につては、下記の通り決定いたしました。
         (敬称略)
   会  長  武石   功(再任 5期)
   副会長  佐藤 文一(再任 2期)
   副会長  佐藤 昌吉(再任 2期)
   事務局長 本田   静(再任 2期)
   会  計  安田 紀子(再任 3期)
   監  事  佐藤 清光(再任 2期)
   監  事  安田  ヨツ(再任 2期)

   なお、幹事については記載省略。

<木球人の独り言>
・今般、会則等の改正があり、会計年度を3月1日~翌年2月末日までと変更されました。
・役員等については、上記記載の通り、すべて再任されております。
                               :木球人:

 去る4月6日、平成25年野田木球クラブ総会が『吾妻学習センター』で開催され、下記のとおり決定したので報告いたします。
                   野田木球クラブ事務局長 安藤善吾

議題
 平成24年度事業成果報告、収支決算、平成25年度事業計画、その他規約の一部変更、いずれも原案通り承認・可決。

 役員改選につては一部に変更があり、新役員を含め下記の通り決定いたしました。
         (敬称略)
   会  長  二階堂 守
   副会長  三浦 享子
   副会長  渋谷 貞夫
   事務局長 安藤 善吾
   会  計  高畑 孝一
   監  事  舟山美智子
   監  事  山岸 和也

   なお、幹事については記載省略。

<木球人の独り言>
 今般、役員改選がありました。副会長、監事及び幹事に一部新人を登用し、今後の発展が大いに期待されます。二階堂会長を中心に木球界をリードするつもりで頑張ってください。:木球人:

  

  【御礼とごあいさつ】

阿部前会長

前福島市木球協会
会長 阿 部 稔 也

 木球会員の皆様へ
 「いつでも どこでも 誰でも 楽しめるニュースポーツ木球」をキャッチフレーズにして、広く普及発展を願い平成15年7月24日福島市木球協会が設立されました。
 そして10年、この長きにわたり会長として微力ながらも皆様のご協力を頂きながら、何とか務めを果たして参りましたこと、深く感謝申し上げます。
 今後は三瓶会長を中心に、これを新たな契機として、会員一同楽しくプレー、そして市民の皆さんに親しまれ、愛される協会になるように努め、ますますの充実発展されますようにお祈り申し上げます。
 ありがとうございました。         平成25年4月4日


IMG_1147.jpg
阿部前会長と新谷日本連盟会長の固い握手

   阿部稔也会長、お疲れ様。
       そして、有り難うございました。
                       日本木球連盟会長
                         新 谷 崇 一
 故佐藤剛男福島県木球協会会長の後を引き継いで、県木球協会会長に就任し、また福島市木球協会を設立させ、会長に就任して今日まで、福島県、福島市の木球の普及発展にご尽力された功績に心よりお礼を申し上げるとともに、感謝の意を表したいと思います。
 この間、福島市木球協会設立10周年記念大会、記念式典、記念誌の発行と精力的に取り組み、他市をリードする不動の福島市木球協会に育て上げました。同時に、福島市木球協会の元に清水木球クラブ、野田木球クラブ、荒井木球クラブ、蓬莱木球クラブ等を育て上げ、木球の普及に努めてきました。
 また、台湾オープン、タイランドオープン、シンガポールオープン、マレーシアオープン、中国オープン、モンゴルオープン等では先頭を切って、日本選手団を引き連れて海外遠征に行き、国際交流にも一役買っていただきました。このような輝かしい功績には頭が下がる思いですが、これからも木球の普及発展にご尽力をいただくとともに、のんびりと木球を楽しんでいただければと願っているところでございます。
 阿部稔也会長、本当にお疲れ様でした。そして、本当に有り難うございました。いつまでも木球を見守って下さい。

<木球人のワンメモリ モンゴル国際大会>

DSCN1077.jpg
大会本部前での日本チーム記念写真

DSCN1149.jpg
モンゴル平原の岩石とゲルの風景(ゲルとは住まい)

DSCN1104.jpg
大会開催国モンゴルチームとの記念写真


※前阿部会長と共に参加させて頂いた思い出深いモンゴル大会              『木球人』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。